本気で旅する男のブログ

カテゴリー: ホテル (1ページ目 (4ページ中))

滞在したホテルのレビューになります。

社会人サークル運営

社会人サークルは、運営者の努力が全てと言っても過言ではありません。運営者の地道なコツコツとした努力なしには成り立ちません。

登山サークルでは、山岳会のように厳しいものは求められておらず、簡単で緩やかなものが求められています。社会人は、仕事の都合などが優先され、日程を合わせて登山に行くには膨大なエネルギーを必要とします。

多くの人が参加するには、魅力的なプランと期待値が必要になるからです。そうしなければ、暇人ばかり参加するつまらないサークルになってしまいます。

社会人サークルと幹事

社会人サークルの運営は、幹事でほぼ全て決まってしまうと言っても過言ではありません。何故なら、社会人サークル自体を成立させるのに「ボランティア要素」が非常に強いので、幹事の強力なリーダーシップがないと継続できないからです。幹事が辞めると言った時点で解散するサークルも少なくありません。

前日、当日になって「突然に参加」を表明する人もいます。そんな人は、幹事にとって本当に大迷惑で来なくて良い人ですが、そんな人は結構いたりします。そんな人に限って、全く盛り上げ役になってくれなくて、迷惑ばかりかけていたりします。メンドクサイ幹事を絶対に引き受けないのに、人に迷惑をかけてばかりいる人は、周囲から人が自然に離れていきます。

幹事の知識と実行能力

幹事の知識・実行能力が重要になっていきます。知識量、経験がものを言う世界です。中身がないのに目立ちたがり、その場を仕切りたがる人ほど迷惑な人はいません。幹事は、集団をひっぱる魅力がある人物でなくてはいけません。

代表・幹事と仲良くなること

代表幹事と仲良くなることは、サークル内の女性メンバーと仲良くなる上でも大変に重要な事です。

盛り上がる人と盛り下がる人

幹事をする時には、計画をきちんと伝えることで、「確実に盛り上がります」という確実性を伝えることができる必要があります。この人がいると確実に盛り上がるというサービス精神が旺盛なキーパーソンを誘います。逆にこの人がいると確実に盛り下がるという「歓迎されない人」に来ないで欲しいという本音もあるでしょう。

相手を下げる「いじり方」をする人は最低です。また、セクハラを言う男子なども最低になります。いい年になったら、盛り上げ役にならないといけないというのは鉄則です。

目立ちたがり屋

自分が目立ちたい、会話の中心でありたいと思う人は、幹事に向いていると言えるでしょう。しかし、実行力があるかどうかは別の問題です。ただ単に「自分が目立ちたい」という人は、幹事から凄く嫌がられます。能力もない(中身が全く伴っていない)のに、ただの目立ちたがり屋である人は、そのしわ寄せを周囲の人に押し付けたりします。

目立ちたがる人は、自分の周囲にいる自己主張しない人を「子分」として面倒を見る事で、自分が優位であると強調します。自分のいう事を聞く子分に囲まれることで、自分が凄いと言わせたいのです。

少人数でワイワイとならない

少人数で行く登山は、自分と気が合う人がいるとは限らない問題があります。

出会いはあるかどうか

確かに社会人サークルに入ると、同性・異性の「出会い」自体はあることはあります。しかし、そこから交際に繋げられるかどうかは、人によります。

社会人サークルで重要な人

社会人サークルでいい人は、「参加した人がリピートする人」です。参加者がリピーターにならない場合には、その人は「サークルに損害を与えて、来ない方がいい人」ということになります。

賃貸物件よりホテルの方が安い?

コロナ下の東京で「緊急事態宣言」が出されていることもあり、外国人観光客が全くこないこともあって、東京のホテルが閑散としています。多くの東京1等地にあるビジネスホテルでは、シングル1泊3000円ぐらいで出しています。1ヵ月ほど滞在しても9万円にしかなりません。

賃貸も空室が増える

東京都市部で賃貸物件の空室も上昇傾向にあります。東京都心部のホテル価格が下落していることで、短期滞在のサラリーマンなどは、マンスリーマンションなどを賃貸するより、ホテルに住んだ方が安い状況になってきています。

いくら頑張っても中流階級の生活が保てない理由

多くの家庭では、「頑張って労働しているのに中流階級の生活を保つことができない状況」に陥っています。

医療費をクレジットカード払い

アメリカでは、国民皆保険が整備されていないので、まとまった医療費の支払いにクレジットカードを利用する人が増えています。結果、クレジットカードで100万、200万円の借金をして、その支払いに苦しんだり、自己破産したりする人が増えているのです。

アメリカでは、国民皆保険が整備されていないので、まとまった医療費の支払いにクレジットカードを利用する人が増えています。結果、クレジットカードで100万、200万円の借金をして、その支払いに苦しんだり、自己破産したりする人が増えているのです。

労働だけで豊かになれない

金融が発達した社会においては、労働だけで豊かになるのは困難です。

兵器としての火炎放射器の有効性

第二次世界大戦中には、火炎放射器は「洞窟に潜む日本兵を焼き払う兵器」として利用されたことで知られています。第一次世界大戦で使用された毒ガスは、第二次世界大戦では使用が禁止され、互いに報復を恐れて利用されなくなりました。セメントで固められたような陣地を攻略するために効果を発揮したのが火炎放射器です。

火炎放射器の歴史

火炎放射器は、第一次世界戦中にドイツ軍が開発したものが始まりであるとされています。当時の火炎放射器は、とても扱いづらく、それを使用するのに3人が必要であったとされています。

火炎放射器の弱点

火炎放射器は、どこから発射しているのか分かるので、火炎放射器を使っている兵士も狙われやすくなり、火炎放射器を使っている兵士が高い死傷率でした。

事業を法人化するメリット

事業を法人化するメリットは、単なる節税だけではなくて、法人契約することで、何かと安く契約することができるようになるメリットがあります。

カーシェアの法人契約

カーシェアを契約する場合には、個人であれば「月額会費」が必ずかかってしまいますが、法人であれば0円に設定されていることが多いです。1ヵ月1000円としても、年間12000円ほどの会費を支払わなくて良いというメリットが生じることになります。

リゾバをバックレしない方法!誰も応募しないブラックリゾバ

リゾバで「バックレ」というのは、少なからず起こることです。バックレというのは、リゾバ先の環境に満足できずに、職場から突然に消えることです。リゾバでは、かなりの頻度で起こることです。

リゾバの基本は短期契約

リゾバでバックレしないためには、基本的に契約期間を1ヵ月未満にしておくことが大切になります。同じリゾバを数か月もやるならば、もはやリゾバと呼べるものではなくなり、普通のアルバイトになってしまいます。

長期の契約は、バックレの可能性が高くなります。リゾバは、通常1ヵ月~2か月ぐらいが限界とされていて、誰もやりたがらないから募集がかかるような業務で3ヵ月以上の勤務は難しいとされています。それでも、良い求人がないと3ヵ月以上の業務に申し込んでしまう人がいて、バックレ予備軍となります。

最近では、リゾバを「安い短期労働力」として考える企業が「バイトが集まらない業務」をリゾバという名前で求人を出したりしています。実際、田舎で求人を出しても、アルバイトですら集まらないのです。そんな場所で長期で働いても、リゾート気分になれるのは最初だけで、2か月目ぐらいから過酷な現実に直面してしまいます。リゾバは、意外に「途中でバックレる人」が多いのです。

バックレ率が高くなるのは、職場が厳しい人がいたり、職場が厳しい環境だったりすることで「こんなのやってられない」と思うからです。

条件を総合的に判断する必要性

リゾバの条件は、総合的に判断する必要性があります。リゾバに行く目的を自分の中である程度決めることで、その目的を達成するためのリゾバを行うことができます。

例えば、ペーパードライバーが車を運転したいと思って1か月間だけ車を運転すれば、車の練習できることになります。

何をするか具体化されている

リゾバの派遣社員は、何をするかの業務内容が明確に決まっているという点で、直接雇用・社員と異なっています。契約された業務以外の業務を行うことはできません。例えば、契約で「キャンプ場業務」とあれば、レストランの仕事をすることはできません。

ホール業務は避けるべき

基本的にリゾバは、常連になるほど「通し勤務」を選ぶ傾向があります。その理由は、通し勤務でないと長期間働くことができないからです。短期(1週間未満)のリゾバであれば、「中抜け勤務」に応じるのもアリかもしれませんが、1ヵ月以上の長期のリゾバで「中抜け勤務」を行うと体に無理が生じてしまうので、絶対に避けた方が良いでしょう。

ホール業務は、生活が不規則になりやすいので、出来る限り避けた方が良いでしょう。不規則な生活を過ごすと、長期になればなるほど、本当に体を壊す原因になります。採用する企業が「派遣社員に不規則な生活をさせる」ことは、派遣社員を「安い労働力」としかみなしていないということになります。

リゾバが人生になってはいけない

リゾバは、実際に様々な経験ができるメリットがあります。しかし、リゾバ業種の多くがホテル、レストランになります。業務の経験は必要ですが、1ヵ月もやると慣れてしまうので、それ以上の新しい経験が難しいということになってしまいます。

接客業は、基本的に「相手を不快にさせない」ことが大切で、接客業によって訓練された「相手を不快にさせないスキル」は、どこに行っても役に立つものになります。

短期の募集が行われる時期

短期の募集は、夏、冬、GW、SW、年末年始に大量募集が行われて人材が不足します。この時期を狙うことで、自分の側が案件を選べる立場になることができるのです。

リゾバ先を総合的に判断する

リゾバ先は、仕事内容、時給、食事(食費無料で3食でるか)、寮(個室であるかどうか)、その他の特殊条件(車を運転できるなど)を総合的に判断して決めることになります。時給が高くても、食事がまともなものがでなければ、長期間の勤務は不可能です。

・食費無料
・寮費無料
・仕事は通し勤務

リゾバの労働は、1つのビジネスなので、それを行うことは、最大限に企業負担を高く、自分の負担を低くする必要があります。自分が大事にされたければ、企業に出来る限りの努力をして貰う必要があるからです。

屋外のトイレ清掃業務

清掃業務は、嫌われることが多いですが、求人に「清掃業務」と書いてないのに清掃業務ばかり行わせるところがあります。例えば、夏のキャンプ場であったり、プールの監視員なのに「清掃業務」ばかり行わされることがあります。大きなキャンプ場になると、トイレが沢山あることになり、清掃業務の負担も大きくなります。

待遇がそれなりに良くないと、時給だけでは「屋外トイレの清掃業務」をこなす人はいなくなってしまいます。皆、その業務を嫌がって辞めてしまうからです。

条件が悪い場所では、「派遣さん」のご機嫌を取らないと、辞められては困るので、職員が懸命に派遣さんのご機嫌を取ろうとします。何でもいいので、とにかく派遣社員の満足度を高めないと、すぐに辞められてしまっては困るからです。また、次に派遣社員も来ないとこまるからです。

正社員より好条件の場合

リゾバにおける派遣社員の条件は、正社員で働くよりも良い条件である場合があります。それは、観光業界における正社員の条件があまりに劣悪なものであるからです。

交通費が支給され、寮費が無料で、食事も無料で食べる事ができる。それは、「若い労働力の提供」と引き換えになります。日本において労働者は極端に不足しており、

安比高原に2021年冬ANAインターコンチネンタル開業

現在の安比グランドホテルが「ANAクラウンプラザリゾート」にリブランドされます。そして、温泉ホテルと白樺の森ヒルズが「ANAホリデイ・インリゾート」にリブランドされ、新しく「ANAインターコンチネンタルリゾート」が建設される予定です。

安比高原スキー場は、2020年冬季まで中国人観光客などが沢山来るスキー場となっていました。コロナ騒動が起こって以降、中国人が誰も来なくなってしまいました。ANAインターコンチネンタルの進出は、「コロナ後」を見越してのことでしょう。

トヨタの片道GOを利用してみる 東京~静岡レンタカー記録

トヨタ片道GOで、東京~静岡に行くものを予約しました。トヨタ片道GOは、成田空港・羽田空港のものが多いようです。

電話すると男性が出て、名前、希望日、返却場所などを確認してきます。保険に加入するかどうかも尋ねられます。この50代と見られる男性の態度は微妙で、トヨタどうなの?と思いましたが、店頭女性の対応は良いものでした。

羽田空港から静岡まで、2200円+1600円(保険料)+1000円(ガソリン代)=4800円で小旅行を楽しむことができました。一般的なレンタカーに比べると、24時間で総額4800円は激安です。

旅行の計画

11:30 羽田空港店でレンタル
15:00 ガスト 小田原南店


18:30 静岡のさわやかで食事する


19:30 静岡の駿河健康ランドに到着
(健康ランド宿泊)

9:00 駿河健康ランド出発
10:00 レンタカーを返却(静岡市)


12:45 東名静岡ICからバス乗る(大阪行きのバス)
19:00 大阪着
(大阪に宿泊)


ナインアワーズを運営するファーストキャビンが破産した理由

カプセルホテル「ナインアワーズ」を運営するファーストキャビンが破産した理由は、純粋に「価格が高かったから」です。私は、結局はファーストキャビンに興味を持ちましたが、1回も利用することはありませんでした。私は、かなりの旅行好きでビジネスホテルに頻繁に宿泊しますが、その私がファーストキャビンを1度も選ぶことがありませんでした。面白いとは思っていましたが、その価格設定が高すぎたのです。

日本人で私のようにビジネスホテルのヘビーユーザー層(ビジネスホテルが最も狙わないといけない宿泊利用がとても多い層)が泊まらない場所であれば、空室率が高くて当然と言えるでしょう。外国人旅行客の急増に合わせてビジネスホテルが急増しましたが、その急増で過剰にできたビジネスホテルの競争が始まり、ビジネスホテルの価格帯がどんどん下落していったのです。それでファーストキャビンは、競争力を失いました。

ファーストキャビンは高い

ファーストキャビンの価格帯は、カプセル型であるにも関わらず、3000円~5000円ぐらいになっていました。その価格帯だと、ほとんどの人が1000円を追加してシングルのチェーンホテルを選びます。快適度は、当たり前ですがシングルの方が圧倒的に高くなるからです。しかも、最近のビジネスホテルは、あらゆる面でレベルが上昇して、快適さがシティホテル並みに増しています。最近のビジネスホテルは、4000円で朝食付きの所もあるので、4000円でカプセルホテルではとても泊まる気にならないでしょう。

外国人であれば、日本の状況良く分からないので、ナインアワーズに宿泊することもあるかもしれませんが、ホテルに頻繁に泊まるようなビジネスユースであったり、目が肥えた日本人は相手にしてくれないでしょう。

シングルの部屋と競争

シングルの部屋と価格が変わらないのであれば、カプセル型を選ぶ人はほとんどいません。カプセルホテルをいくら快適にしたところで、カプセルホテルだからです。私としては、ユースホステルのような格安に宿泊する時の価格帯は1500円以下が目安であり、コスパだけを重視して宿泊します。シングルに宿泊する時には、都会であれば3000円~4000円、地方なら4000円~5000円を価格帯の目安にします。

特に大都会にホテルが乱立したことで、ファーストキャビンが安く感じられることもなくなり、多くの人は快適なビジネスホテルのシングルルームを選択するようになりました。シングルルームが3000円~5000円の価格帯になれば、誰もカプセルホテルを好んで利用することはなくなります。500円ほどプラスすればシングルになるならば、誰でも500円プラスするでしょう。

24時間営業の温泉と競合

カプセルホテルに宿泊するのであれば、24時間営業している温泉施設(スーパー銭湯)に宿泊した方が快適に過ごせるという場合もあります。スーパー銭湯は、温泉でリラックスして、漫画本を読んだりすることもできます。

スーパー銭湯も進化を続けていて、都心部でも仮眠が可能になったり、広い休憩室を確保したり、料理の内容が充実したりするようになってきています。

カプセルホテルは連泊に不向き

カプセルホテルは、1泊だけ宿泊するためのものであり、連泊には不向きになっています。寝ることだけを想定しているので、昼に利用することを想定していないからです。そうすると、連泊する客にとっては、昼の利用が出来ない分だけコスパが悪くなってしまうのです。

平和島温泉は、楽しめる

平和島温泉の夜間フリーパックは、20:00~翌10:00までになっています。この夜間フリーパックを使うと、温泉に入って、漫画を読んで、朝食を食べて楽しくすごすことができます。ストレスをかなり軽減することができるのです。

東京に上京した時、羽田空港を深夜・早朝に利用する時、少し気分転換をしたい時に気軽に行ける遊び場だと思います。

« Older posts